トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「トライアングルほめ日記」のホームページへようこそ
毎日頑張りすぎて、疲れていませんか?

子どもにとって学校は「やることがいっぱいで、毎日大変!自分なんて何をやってもどうせダメだし…」
保護者にとって学校は「うちの子、勉強についていっているかな?友達と楽しく遊べているかな?あれもこれも心配で心配で…」
教師にとって学校は「なりたくてなった教師なのに、毎日うまくいかないことばかり。予想外のいろいろな仕事に追われて、もう大変…」

日本の教育現場では、子どもたちの自己尊重感(自己肯定感)の低下が指摘されて久しいです。
「自分が好き」と言える子どもが、驚くほど少ないということです。

子どもは、もともと一人ひとりが個性的な存在で、大きな愛と可能性をもって生まれてきています。
そして子どもは自分を認めてほしい、ほめてほしいと強く求めています。
その気持ちが、親や教師の肯定的な言葉によって満たされたら、子どもは「自分が好き!」「自分ににはいいところがある!」と自信をもって学校生活を送り、豊かな心で生きていけるのではないでしょうか。

この「トライアングルほめ日記」で、子どもと教師と保護者の三者の関係が、とても心地よい信頼関係でつながっていき、それぞれ素晴らしい効果を生み出します。

「トライアングルほめ日記」を読んで「よし、明日からうちのクラスでもやってみよう!!」と、一人でも多くの先生方が実践し、日本の教育現場が少しずつ、あたたかくて、やさしい、幸せな空間になるように願っています。

▲新着情報

NHK「あさいち」に「トライアングルほめ日記」が取材されました!!

・放送日 7月31日(水)8:15~9:54の間の5分程

・内容  実際に子ども達が「ほめ日記」を書いている様子など

 

第7回「トライアングルほめ日記」研究会

  • 日時 2019年8月25日(日)14:00~16:00
  • 場所 「喫茶室ルノアール四谷店」貸し会議室
  • 交通手段 JR四谷駅四谷口より徒歩2分 しんみち通り入り口すぐ左
  • 住所 東京都新宿区四谷1丁目3‐22 https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/85
  • 参加費 1500円(会員は1000円)
  • 持ち物 「トライアングルほめ日記」の本、筆記用具、ノート、飲み物など
  • 講師 「ほめ日記」創始者 手塚千砂子先生・世田谷区立弦巻小学校教諭 吉田絵里子先生・元板橋区立小学校教諭 大貫政江先生・世田谷区立桜小学校 福井裕子先生

連絡先はこちら monimoni2226himawari@gmail.com(大貫)